相続税対策に強い税理士は空いてません

相続税に関連する法改正が行われ、更に民法改正も影響して相続税対策に強い税理士は引っ張りだこでしょう。今までの相続税対策の一部は基礎控除額の減少により変更を余儀なくされ、代わりに非課税枠が創設された生命保険もあります。一部の資産家のみが関係すると思われていた相続税が一般庶民にもかかるようになってきたことで、高齢化社会に向けて相続税対策自体がビジネス要素を多く含むようになってしまったのです。以前よりも相続税対策に時間がかかるようになったので、早めに対策を取る必要があるでしょう。

5年先20年先の相続税対策

生命保険に非課税枠が法定相続人1人につき500万円創設されました。基礎控除が大幅に減額されて、相続税対策が目に見えて効果を実感しやすくなったので、死亡と同時に凍結される預金ではなく生命保険や不動産資産へと資産の振り分け方が変わりつつあります。投資に回して資産運用を行う人が増えており、アパート経営に乗り出す人が出ていることも保険が進化していることが影響しています。新たな保険サービスを投資と組み合わせることで、死亡時に保険金を家族が受け取れるようにしているのです。

法律改正で計画がオジャンになることも

相続税対策をしっかり行っていても、後から行われる法改正で元々の相続税対策が無意味となる可能性があります。こうしたデメリットが少ない方法として、小規模アパート経営に乗り出す方法が採られています。賃料収入は死亡時にも毎月現金で入ってきます。口座は凍結されても賃料収入は支払先変更でいくらでも対策出来るのです。住宅ローンを組んでアパート建設を行えば、団体信用生命保険へ加入することで死亡時にはローンを保険で一括返済出来ます。家族には優良資産が残るのです。

相続の申告は相続税の税理士にお願いしましょう。こちらに最も有利になるように申告を行ってくれますので任せて安心です。