司法書士試験へようこそ。初めて受験する人へ

司法書士を初めて受験する人は、司法書士試験とは一体どういう試験なのか、情報を集めてみるといいでしょう。試験科目には何があって、合格率はどれくらいで、合格には何が必要なのかなど、ネットで簡単に調べることができます。予備校に興味があるなら無料セミナーに通ってみてもよいかもしれません。独学で勉強するのか、予備校に通うのかも決めなければいけませんね。試験は毎年7月の第一日曜日に行われます。もちろん1発合格できればそれに越したことはありませんが、勉強が全部間に合わなくても、一度受けてみて試験の感覚を肌で体感してみるといいでしょう。

ゴールが見えてきた!中級受験生がやるべきこと

一度、司法書士試験を経験した受験生は、あまりの難しさに、このまま受験を続けるか、それとも断念するかの選択に迫られると思います。初受験でまったく歯が立たなくて、このまま続けても受かる気がしないというのであれば、潔く受験を止めるのもアリでしょう。しかし、司法書士試験の合格率を考えれば、一発合格なんてむしろまれです。2年目からが本当の勝負です。単純に勉強時間が足りなかったのか、本番緊張してしまってミスを連発してしまったのか、問題を解くスピードが遅くて全部解けなかったのか、人それぞれ不合格の理由があるはずです。それをきちんと分析して、次の受験までに克服すれば、必ず合格することができるでしょう。あきらめなければ夢は叶いますよ。

合格まであと少し。ベテラン受験生の心得

何年やっても受からないベテラン受験生は、一度初心に帰って自分の勉強方法を見直すことをおすすめします。長年の受験で知識はもう十分身についているはず。それでも受からないということは、それなりの理由があるはずです。もしかしたら解き方や時間配分などで変なクセがついてるかもしれませんね。その理由を突き止めなければ、いつまでたっても合格はできないでしょう。ベテラン受験生に必要なのは素直な心と原点回帰です。合格者や予備校の先生に相談して何か良いアドバイスをもらえれば、案外あっさり合格できるかもしれませんよ。

司法書士は、高度な法律知識で、生活や暮らしの法律問題などを解決専門家です。司法書士の試験は、年齢や学歴、国籍は関係なく誰でも受験することができるので、受験を申し込むことで受験することができます。