リスクを最大限に圧縮した投資手法

本来不動産投資とは、リスキーなものです。初期費用が高くかかるという点でもリスキーですが、かけた費用を回収できるかどうかも不透明なので非常にリスキーです。ですから今までは、よほどのお金持ちの人以外は不動産投資に踏み込めなかったのです。それが、リートという金融商品の登場によって状況が一変しました。リートなら、数千円からでも気軽に不動産投資ができるのです。リートとはつまり、不動産ファンドのことです。Jリートというのはですから、日本不動産をターゲットにした不動産ファンドのことですね。

Jリートに含まれている物件の種類

日本の不動産は、比較的安定した収益を生み出します。特に商業施設は利益率も良くなっているので注目ですね。住宅用のマンションのように空室率をほとんど気にしなくてもいいからです。大型のショッピングモールやオフィスビルに投資をすれば、ほとんど確実に儲けることができるでしょう。もちろん一定のリスクはありますが、自分で物件を所有するのに比べれば軽いものです。Jリートには、こうした商業施設もオフィスビルももちろん含まれています。

市場で売買可能な上場投資信託もある

Jリートの中には、株式市場で自由に売買ができるものもあります。上場投資信託という商品になるのですが、これなら一口あたり数千円から購入が可能です。不動産投資会社の個別株は、最低購入価格が数十万円以上するのが普通ですから、一般人にはなかなか手出しができません。その点、上場投資信託であればお小遣いレベルの資金でも購入可能なのが素晴らしいですね。Jリートインデックスファンドは、比較的高い配当にも期待が持てます。

j リートのファンドは、投資先の選び方に迷っている個人投資家であっても、短期間のうちに資産運用に取り掛かることができます。